二重よりも魅力的な一重になるデカ目効果メイク!

二重よりも魅力的な一重になるデカ目効果メイク!

タレントの吉高由里子さんや黒木メイサさんも奥二重で目が小さい方なのですよね。

でも、メイクを工夫しているので、二重の人に負けないくらいの目力があります。


一重の人は間違ったメイク方法でメイクをしている人が多く、余計に一重の腫れぼったい瞼を強調させてしまっているからです。

一重でもメイク次第で、二重に負けないパッチリ目になることができます!

二重よりも魅力的な一重になるデカ目効果メイク◆アイメイクのコツは眉

目と眉毛の間隔が広いと、目もとが小さく見えてしまう危険性が高めです。

眉との距離を縮めることで、目もとにより目力をアップさせることができるのです。

目もとと眉の黄金バランスは、目を開いたときの目の縦幅と目と眉との間隔が1:1になっているのがベスト。

アイラッシュカーラーでデカ目を!

目を大きく見せるためには、美しい曲線を描いたまつげが必要不可欠です。

アイメイクの最初にアイラッシュカーラーでまつげを上げておくこと。

最後だとマスカラを塗ったまつげ同士がくっついたり、アイシャドウが落ちてしまうことがあります。

温めてから使用すると

アイラッシュカーラーは使用する前にドライヤーで温めることで、カール力をより高めることができます。

さらにカールキープ力の高いマスカラを使用することで、1日中綺麗なカールをキープすることができます!

温めすぎによる火傷に注意しましょう!

アイラインよりアイシャドウでインパクトを!

アイラインが奥に入りこんでしまいやすい一重さんがしっかりと目元メイクでアイラインを引こうと思うと、かなり太めのラインになってしまうはず。

目をあけている時は目力が感じられるので良いのですが、目を閉じると一気に残念な印象になってしまうもの。

だからこそ一重さんが目元メイクをする場合は、アイラインよりもアイシャドウでインパクトをつけるのがおすすめです。

ブラウンのアイシャドウであれば柔らかい雰囲気になるので、アイホールに太めに塗っても優しい印象に仕上がります。

アイラインを引きたい人

目尻ギリギリにアイラインを引くと、目を開けたときにまぶたでラインが隠れてしまうので太めに入れるようにしてください。

目安は、目を開いたときに少しラインが見える程度がよいです!

目尻側は5〜7oくらいはみ出すようにラインを伸ばすと、目力がアップします。

この時、腫れぼったい一重の場合は少し跳ね上げるように引くことで、スッキリとした目元になりますよ。

下まぶたには目尻から黒目まで3分の1程度アイラインを入れると更に目が大きくなります。

たれ目になりたい方は特にこの下まぶたのアイラインを強調すると良いです。

目を縦に大きく見せるために、下まぶたにもペンシルでラインを入れる。

下まぶたを軽く下に引っ張りながら、目尻から黒目の中央あたりまでラインを入れる。

目尻がやや太くなるように入れるのがポイント。

アイシャドウベース

デカ目づくりでは明るめのアイシャドウを使うことがほとんどなので、アイシャドウを塗る前には「アイシャドウベース」を活用して発色をUPしましょう!

ベースに使用するのは、ラメやパール入りで明るめがおすすめ◎色は、肌が青みががっている場合には「ピンク系」イエロー〜茶色よりなら「ゴールド系」を選ぶと良いでしょう。

一重に合うアイシャドウって?

一重・奥二重さんがアイシャドウを選ぶとき、色ばかり気にしてはだめ。

大切なのはシャドウの質感です。

色が濃いアイシャドウでマットなものだと、いまのメイクトレンドである抜け感が出ないばかりか、一重&奥二重のまぶたを腫れぼったく見せてしまうんです。

一重・奥二重の人が選ぶべきは、暗すぎず明るすぎず、質感はほんのり透けるシアーなアイシャドウ。

ヌケ感のキモである透明感は残しつつ、自然な陰影がまぶたを引き締めてくれるので、存在感のあるスタイリッシュな目元を演出できます。

ホワイトやピンクなどの膨張色は避けた方が無難。赤みのないブラウン系のアイシャドウがおすすめです。

さらに腫れぼったい瞼をカバーするために、引き締めカラーのブルーをアイシャドウベースに使用すると

アイシャドウのコツ

アイシャドウのコツは、目を開けた時のまぶたの少し上まで中間色のアイシャドウを乗せることです。

また、目尻から黒目の上まで濃い色のシャドウをグラデーション使いすることで、立体的な目元を演出できます。

涙袋で立体感を!

涙袋の部分にパールの効いたライトべージュやホワイトベージュのアイシャドウをのせます。

 

チップや指先でぽんぽんとおくようにのせると、ふっくらして見えますよ!

 

涙袋を作るだけで、一重まぶたでも立体的な目元を叶えてくれます。

最後にマスカラで仕上げ

まつげは、しっかりとカールをつけて、長さの出るタイプのマスカラで仕上げましょう。

下まぶたメイクとまつげの長さによって、目の縦幅が強調され、丸く優しい印象に。